忍者ブログ

徒然なるワガママに

そうだなー、あれはきっとあの時からだなー

2008.05.01.Thu 09:34:38
春眠不覺曉 處處聞啼鳥 夜来風雨聲 花落知多少 

春眠暁を覚えず  処処啼鳥を聞く 夜来風雨の声 花落つること知んぬ多少ぞ


上の漢詩は、有名な孟浩然の春暁です。一般的には、次のような意味に解釈されています。


春の眠りは心地よく、うっかり寝過ごし、夜明けに気付かない。
目覚めてみると、ところどころで鳥がさえずっていて天気が良さそうだ。
そういえば、昨夜は風雨の吹き荒れる音がした。
せっかくの花がどれほど落ちたことか。
PR

この記事にリンクする?
     この記事へのリンク:
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
[655] [654] [653] [652] [651] [650] [649] [648] [647] [646] [645
《  BackHOME : Next 》
今年もこんなカンジで!
Jump!
A SONG FOR JAPAN
A SONG FOR JAPAN
admin
TagClick
DropBox
管理ページ
NewEntry
OldEntry
カウンター
ブログ内検索
最新コメント
BlogPeople
http://file.spdspd.blog.shinobi.jp/bptree.js
spdspdを登録 by BlogPeople
Instagram
Instagram
アクセスランキング
アクセスランキング
amazon.co.jp
RSS
アクセス解析
忍者アナライズ
mail to
メールはココをクリック!
wdd_logo_257.gif

徒然なるワガママに wrote all articles.
Powered by Ninja.blog  * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]